タマディックの福利厚生や給与体系

タマディックのような技術開発を主体とする会社のいちばんの宝は、何はともあれ従業員であるはず。

“従業員軽視”ができるはずはない理由を考えてみましょう。

▽いくらでも交代要員がいる業種の会社ではない。

タマディックは1959年創業の会社です。

端的に言ってタマディックが従業員軽視の企業であったとしたら、半世紀ものあいだ発展しつづけることはできなかったでしょう。

技術開発系の企業にとって従業員は、自社のコアな技術を修練した特別な存在です。

“交代要員はいくらでもいる”といったような業種ではありません。

また非常に奥が深く、追究すべき上位の開発テーマも多数あります。

どこにも従業員を軽視できるような隙はありません。

合わせて読みたい記事はコチラ・・・https://zuuonline.com/archives/141197

▽質の高い技術者がいなければできないこと。

修練した技術者は一段上の技術を学び新しい後輩を育てるといった任を負います。

そのようなサイクルが社内に出来上がって、初めて会社は成長軌道に入っていけます。

タマディックがめざすところは、「総合エンジニアリング企業」であり、上流業務・中核業務への進出です。

クライアントの要望や意思を細かくくみ取るには熟達した技能と知識が必要で、そうした人員がそろっていなければ、とても“総合エンジニアリング企業”など標榜できないでしょう。

従業員軽視の心配は無用です。

▽タマディックは開発案件の一括請負化さえも射程圏内に捉えた会社。

福利厚生を充実させることにも熱心なはずです。

私はタマディックの関係者ではありませんので無責任なことは言えませんが、技術者が働きやすく居心地の良い環境づくりを行なっていることは確かです。

会社見学会などを利用して、タマディックの内実を知るのも良いでしょう。